デイサービス
デイケアガイド

デイサービス、デイケアの利用料金は、1割または2割負担となります。
事業所の規模やサービス内容などにより料金が異なりますので、詳細は各事業所にお問い合わせください。

「デイサービス」「デイケア」
 何が違う?

介護サービスを利用しようと考えているご家族の方は、「デイサービス」と「デイケア」は何が違うのか疑問を持たれたこともあるかと思います。
「デイサービス」と「デイケア」は同じ通所系サービスなのですが、利用する目的と利用料金に違いがあります。
過剰な介護サービスの利用で損のないように、2つの違いをご紹介します。

デイサービス(通所介護)

要介護者等の健全で安定した在宅生活の助長、社会的孤立感の解消、心身の機能の維持回復、または家族の身体的・精神的介護負担の軽減を図ることを主たる目的とし、デイサービス(通所介護)に通いながら食事や排泄、入浴などの日常生活の介助や機能訓練が受けられます。介護保険を適用される場合1割~2割負担となります。

自分に合った
デイサービスを選んで通う

体の動きを良くしたい方には、短時間でマシントレーニングを行う運動に特化したデイと、認知症の方には家庭的な雰囲気の中でゆったりとお過ごしいただく認知症デイなど、様々なタイプの通所サービスを準備しています。ぜひ、ご希望にあった「私専用の通所サービス」を見つけてください。

デイケア
(通所リハビリテーション)

機能訓練を中心に身体面の維持・改善を主たる目的とし、病院や介護老人保健施設・診療所に通いながら、理学療法や作業療法を中心にリハビリテーションを行います。介護保険を適用される場合1割~2割負担となります。

自立した生活を
支えるリハビリテーション

「もっと歩けるようになりたい!」「自分でトイレに行けるようになりたい!」そんな願いも、専門のリハビリスタッフや看護師とともに介護スタッフがサポートします。目的を持って体を動かすことで、心身機能の維持・回復や日常生活の自立を促し、自分らしく生活することを目指します。