ケアマネジャーの課題解決につながる
仕組みづくりを南区から始動
ケアプラン適正化事業で慌てないために

2018年度の介護報酬改定に伴い、熊本市では同年4月からケアプラン適正化事業を本格的に開始。
居宅介護支援事業所のケアマネジャーは、今まで以上に正確な利用者の自立支援に向けたケアマネジメントを行うことが求められています。
ケアマネジャー(以下ケアマネ)の基礎力向上や他事業所との連携を目的に、熊本市南区では「南区主任ケアマネの会」を発足。
コアメンバーである、桜十字病院在宅事業部の田中詠志さん、ささえりあ飽田センター長の西堀拓也さんに話を伺いました。

始まりは「熊本市南区有
志の多職種研修会」から

 医療や介護、行政などの多職種で連携を図り高齢者の在宅生活がサポートできるよう、2016年に「熊本市南区有志の多職種研修会」が発足しました。さまざまな意見交換が行われる中、課題として挙がった内容でケアマネの理解や配慮の仕方で解決につながるものが多くあったそうです。「研修会では、担当者会議の際に専門職の意見が通りにくかった、根拠の薄い福祉用具の選定があった、疾患の理解が足りず不要なサービスが導入されていた、など多職種からケアマネに対する多くの意見が出ました。また、参加したケアマネからは、自分が直面したことのないケースの対応が他事業所のケアマネから聞けて良かったという声もあり、ケアマネ同士の連携の必要性も感じました」と田中さん。

ささえりあ飽田
西堀 拓也さん
桜十字病院在宅事業部
田中 詠志さん

ケアマネを育成する主任ケアマネ

 ケアマネに対する課題を熊本市南区全体で考えていこうと、2019年1月、「南区主任ケアマネの会」が発足しました。「主任ケアマネは、ケアマネの指導・育成、地域課題の発見、多職種とのネットワーク構築などの役割があります。ケアマネの基礎力向上のためには、主任ケアマネの成長が必要不可欠です。まずは主任ケアマネ内の知識の差をなくし、他事業所とも相談できる関係づくりの場を設けたいと考えました」と西堀さんは話します。

 同じケアマネという職業でも、基礎資格や経験年数などで得意・不得意な分野が出てくることがあるそうです。共通の課題に向き合うことで、得意分野を伸ばし、不得意分野を補うことができれば、スムーズな解決につながるのではないでしょうか。

顔の見える関係をどんどん拡大

 以前、南区ではケアマネの勉強会はささえりあの圏域ごとで行われていました。しかし、実際は区を越えた利用者がいる場合もあり、広い範囲でつながる重要さを実感。「顔なじみの関係ができると気軽に相談しやすくなり、活発な意見交換が可能になります。そういったつながりをどんどん増やしていくことを目標にしています」「事業所ごとに業務や考え方の違いがあるとは思いますが、まずその根っこの部分を底上げして、多職種ともより良い連携を取っていきたいです」と田中さん、西堀さん。今後は、区を越えての集まりも視野に入れているそうです。

第1回熊本市南区ケアマネサポート連絡会全体研修会の様子第1回熊本市南区ケアマネサポート連絡会
全体研修会の様子

南区主任ケアマネの会
コアメンバー所属事業所(順不同)

  • ささえりあ飽田
  • ささえりあ城南
  • ささえりあ富合
  • ささえりあ幸田
  • にしくまもと病院居宅介護支援事業所
  • 居宅介護支援事業所白藤
  • 居宅介護支援事業所田迎ケアセンター
  • 指定居宅介護支援事業所けあねっと川尻
  • 居宅介護支援事業所みらい
  • ファーマダイワ介護サービスセンター
    居宅介護支援事業所
  • 居宅介護支援事業所青い鳥
  • 城南病院在宅ケアセンター居宅介護支援事業所「なごみ」
  • 居宅介護支援事業所みゆきの里
  • カエツ居宅介護支援事業所
  • 株式会社ツクイ熊本田井島営業所
  • ひまわり在宅クリニック
  • 居宅介護支援事業所天寿園在宅サービスセンター
  • 居宅介護支援事業所ケアサポートメロン
  • 居宅介護支援事業所あきた
  • こぼり苑居宅介護支援事業所
  • ヴィーヴル居宅介護支援事業所
  • 桜十字病院居宅介護支援センター
  • 南区役所 福祉課 高齢福祉班
取 材 協 力

熊本市南区主任ケアマネの会
問い合わせ:桜十字病院 在宅事業部 
☎096-378-1111(代表)