在宅療養を支える訪問看護の役割
住み慣れた自宅で最期まで生活するために

高齢化に伴い、これから看護・介護の需要が大きく増加していくと予想されています。
高齢者からは「病気や障害があっても住み慣れた場所で過ごしたい」
「人生の最期は自宅で迎えたい」といった声が上がり、在宅ケアサービスの必要性が高まっているそうです。
在宅療養に欠かせないサービスの一つに訪問看護があります。
今回、株式会社PLUNURSEで『訪問看護ステーションCruto(クルト)』の運営を行う那須正剛代表に話を伺いました。

病院でできることは訪問看護でほぼ可能

 「訪問看護とは、病気や障害がある人が住み慣れた環境で生活を送れるよう、看護師等がその人の住まいへ訪問し、看護ケアの提供や療養生活を支援するサービスです。主治医が発行する訪問看護指示書に基づき、訪問看護計画に則って行為を実施します。血圧や体温の測定から、インスリン注射、胃ろうチューブ等の管理、褥瘡(じょくそう)処置、たん吸引、入浴介助、排泄介助など、日々の健康管理をはじめ医療的処置、疾患の管理・予防まであらゆる面をカバー。病院にしか置いていない医療機器を使った検査や処置以外は、すべて訪問看護で対応が可能です」と那須代表は話します。その他、服薬管理や精神疾患の看護、介護者の支援なども行っており、業務内容は多岐にわたります。

講演を行う那須代表
消毒などの処置も丁寧に行います
看護師による健康チェック

介護保険、医療保険の適用について

 訪問看護を利用する場合、介護認定を受けていれば基本的に介護保険の適用となります。ケアマネジャーが作成するケアプランの中に組み込まれ、さまざまなサービスとともに支給限度額内で収まるような利用をする方が多いようです。ただし、介護認定を受けている方でも「厚生労働大臣が定める疾病等の利用者」に該当する場合や、医師から特別訪問看護指示書が発行された場合、精神科訪問看護指示書が発行された場合は医療保険の適用となります。介護認定を受けていない方は、医療保険の対象となります。主治医または訪問看護ステーションに相談後、主治医から「訪問看護指示書」が発行され利用が開始されます。医療保険適用での訪問介護の場合、原則として週3回・1回の利用時間は30分~90分と定められていますが、介護保険適用の場合は20分・30分・60分・90分の4区分で、医師の指示がありケアプランに組み込まれていれば回数制限はありません。「公的な保険給付が適用される以上に訪問看護を利用したい場合は、事業所によって自費でのサービスも受け付けています。病気の種類や利用時間、回数などの制約が少ないため、本人や家族の意思をより尊重したケアが可能です」と那須代表。

利用者としっかり向き合い
望んだ在宅生活を実現

 訪問看護では、本人が実際に生活している住まいでケアを行うため、より生活に密着した支援が可能です。「病棟では一度に多くの患者さんの対応をしなければならず、一人ひとりと向き合う時間がなかなか取れません。訪問看護の場合、基本的に利用者と一対一での対応になるので、心身の些細な変化にも気付きやすくなります。働く看護師からも、自分の理想としていた看護ができるといった声が聞こえ、モチベーションアップにつながっているようです。また、弊社では住み慣れた場所で安らかな最期を迎えられるよう、終末期の支援も行っています。主治医の指示のもと、症状の緩和から心のケアまで寄り添ったサポートを行います」と那須代表。訪問看護というサービスの存在自体、まだ認識されていない地域もあるため、啓発活動にも尽力しているそうです。住み慣れた環境で少しでも長く過ごすために、在宅サービスの一つとして訪問看護の利用を考えてみませんか。

専門職によるリハビリテーション専門職によるリハビリテーション
Crutoおすすめポイント
  • ①24時間・365日相談可緊急時には主治医と連携し必要に応じて訪問し対応します
  • ②医療機器を付けた方のサポート経管栄養、在宅酸素、吸引、点滴注射などの医療処置を行います
  • ③自宅への退院を支援在宅生活へスムーズに移行できるよう、入院中から病院と連携します
  • ④安らかなターミナル期を迎えるケア住み慣れた家で家族と最期まで過ごせるよう、痛みの管理や症状の緩和に適切に対処します
  • ⑤医療と介護の橋渡しさまざまな在宅ケアサービスの使い方や、介護保険の申請・更新をお手伝いします
  • ⑥介護予防や機能回復をサポート症状の悪化や寝たきりを予防し、機能回復の訓練を行います
  • ⑦医療保険・介護保険に対応医療保険・介護保険の両方のサービスが同じステーションで続けて受けられます
  • ⑧自宅以外でもサービスを提供グループホームや特定施設・特別養護老人ホームでもサービスを提供します
取 材 協 力

訪問看護ステーションCruto(クルト) 
☎096-234-7774