利用者本人だけでなく、
家族も知っておきたい

介護保険の制度!
総合事業って何?

2017年4月から、総合事業がスタートしました。
熊本市では、高齢者が住み慣れた地域で
自分らしい生活を続けられるよう、
介護予防と、自立した日常生活の支援に取り組みます。
総合事業とは何なのか熊本市高齢介護福祉課に聞いてみました。

そもそも総合事業とは?

 総合事業(介護予防・日常生活支援総合事業のこと)とは、今まで国が定めていた介護保険制度の中の
介護予防給付(要支援1・2の方対象)の一部を地域支援事業に移行し、市町村が内容を決定できるようになりました。
それにより地域の実情に応じて、効率的かつ効果的な支援を行えるという利点があります。
また、住民による介護予防活動を推進することで地域で支え合う体制づくりにつながります。

具体的には?

 「訪問介護」と「通所介護」が総合事業に移行しました。今まで要支援で受けていたサービスに加え、サービスが新設されたので、利用者の身体的状況などに適したサービスが選べるようになります。また、65歳以上のすべての方を対象にした一般介護予防事業(地域での介護予防活動)が利用できます。

介護保険制度

スクロールして全体を確認できます。

2017年3月まで

介護給付(要介護1~5)

介護予防給付
(要支援1~2)

訪問看護、福祉用具等

訪問介護、通所介護

地域支援事業

介護予防事業
又は介護予防・日常生活支援総合事業

二次予防事業

一次予防事業
介護予防・日常生活支援総合事業の場合は、
上記の他、生活支援サービスを含む要支援
者向け事業、介護予防支援事業。

現行と同様

事業に移行

全市町村で
実施

2017年4月以降

介護給付(要介護1~5)

介護予防給付(要支援1~2)

地域支援事業

多様化

新しい介護予防・
日常生活支援総合事業

(要支援1~2、それ以外の者)

介護予防・生活予防支援サービス事業
・訪問型サービス
・通所型サービス
・生活支援サービス(配食等)
・介護予防支援事業(ケアマネジメント)

一般介護予防事業

出典:介護予防・日常生活支援総合事業ガイドライン

サービスの種類

訪問型サービス

サービスの種類 サービスの内容・利用料金
介護予防訪問
サービス
《身体介護を含むもの》
利用
料金
週1回程度 1,168円
週2回程度 2,335円
週2回超 3,704円
生活援助型訪問
サービス
《掃除、洗濯、調理などの生活援助のみで、身体介護を伴わないもの》
利用
料金
週1回程度 0,968円
週2回程度 1,936円
週2回超 3,071円

(注)利用料金は、1割負担の場合の月額基本料金のめやす。(2割負担の場合あり)

通所型サービス

サービスの種類 サービスの内容・利用料金
介護予防通所
サービス
《従来の通所介護(運動、入浴、レクリエーション、食事等)》
利用
料金
要支援1
・事業対象者
(週1回程度)
1,647円
要支援2
(週2回程度)
3,377円
運動型通所
サービス
《機能訓練を中心としたもの(3時間未満)》
利用
料金
要支援1
・事業対象者
(週1回程度)
1,403円
要支援2
(週2回程度)
2,877円

(注)利用料金は、1割負担の場合の月額基本料金のめやす。(2割負担の場合あり)

サービスを受けるには? 
~ 熊本市の場合~

「訪問型サービス」「通所型サービス」を初めて利用するためには、「要支援」の認定を受けなければなりません。
まずは、地域ごとにある地域包括支援センター又は、居宅介護支援事業所に相談を。
地域包括支援センターなどでは、認定申請の支援のほか、細やかな相談に応じてくれます。

スクロールして全体を確認できます。

利用
までの
流れ

生活機能の低下を感じられる方など

高齢者生活支援センターささえりあや居宅介護支援事業所に相談してください

要介護(支援)認定を申請します

要介護1~5の人

要支援1・2の人

非該当の人

介護サービスが
利用できます

地域包括支援センター等と
ケアプランを作成します

介護予防サービス(訪問看護、
福祉用具等)が利用できます

介護予防・日常生活支援総合事業が
利用できます

一般介護予防事業が
利用できます
(65歳以上のすべての人)

訪問型サービス(介護予防訪問サービス・生活援助型訪問サービス)

通所型サービス(介護予防通所サービス・運動型通所サービス)

取 材 協 力
熊本市高齢介護福祉課
096(328)2347