利用定員18人以下の
小規模デイサービスが対象!

データで見る
デイサービスの事情

在宅介護をする上で、数ある介護保険サービスの中でも
利用度が高くなるのが通所介護、いわゆるデイサービスです。
平成28年4月からは、地域密着型のデイサービスが、
また、平成29年4月からは総合事業がスタート。
これからのデイサービスについて、熊本市高齢介護福祉課に聞きました。

増えるデイサービス利用者

年々、増加する日本の高齢者人口。
近年では、要介護状態になっても、可能な限り在宅で日常生活を過ごしてもらおうという動きがあり、
在宅介護の高齢者の割合が増えてきています。それに伴いデイサービス利用者も増加。熊本市でも同じ傾向が見てとれます。

小規模デイサービスは
地域密着型に

利用定員が18名以下の小規模デイサービスについては、少人数で生活圏域に密着したサービスであることを踏まえ、
地域との連携などを図るため、平成28年4月から地域密着型デイサービスへと移行しています。

地域密着型サービスとは?

平成18年4月の介護保険法改正により、介護が必要となった高齢者が、
今までの人間関係や生活環境を保ちながら住み慣れた自宅や地域で、できる限り長く安心した生活を送れるよう、
利用者にとって身近な市町村でサービスを提供
しようとしてできたのが「地域密着型サービス」。
その地域に合った介護サービスをより柔軟に実現できるようにと、小規模となっています。
地域に聞かれた良質なサービスの提供が求められます。

熊本市の居宅サービスの事業者数の推移

25年 26年 27年 28年
訪問介護 212 224 237 650
訪問入浴介護 9 9 6 28
訪問看護ステーション 44 49 59 181
通所介護 237 267 284 454
適所リハビリテーション 41 50 73 214
短期入所生活介護 36 38 40 180
短期入所療養介護 55 57 56 176
特定施設入居者生活介護 27 30 30 49
福祉用具貸与 53 52 55 146
特定福祉用具販売 52 52 54 145
居宅介護支援 216 219 237 752

要支援者が利用する介護予防適所介護が総合事業に移行します!

現在、平成29年4月から始まった総合事業への移行期間中であり、
平成30年4月1日以降は、総合事業に完全移行します。
現在の要支援者は、介護予防通所サービスで引き続きサービスを受けることができます。

取 材 協 力
熊本市高齢介護福祉課
096(328)2347